|登山ツアー・ハイキングツアー・トレッキングツアー・ネイチャーツアーのことならアルプスエンタープライズ

  • 03-3518-0034
  • 03-3518-0035

10:00~18:00(土曜14:00まで) 日曜・祝日休み

聖岳~上河内岳~光岳縦走

日本100

日本200

日本300

花100

信州100

荷物

温泉

新幹線

催行状況

ツアーコード GD03
出発日 2018年9月13日(木)
ツアー日数 5日間
通常価格 99,000円
ツアーレベル( 登山ツアーLv4
体力度
技術度
最少催行人数 6名より催行
  • 聖岳~上河内岳~光岳縦走
  • 聖岳~上河内岳~光岳縦走
  • 聖岳~上河内岳~光岳縦走
  • 聖岳~上河内岳~光岳縦走
  • 聖岳~上河内岳~光岳縦走

画像をクリックすると画像が拡大し、ツアーによっては画像の説明文もご覧いただけます。

ツアーポイント

南アルプス主稜最南端の高峰
日本最南端の3000m峰聖岳、その最高の展望台上河内岳からシラビソ、コメツガに覆われた稜線を南アルプスの南端光岳へと巡ります。イザルガ岳からの展望が素晴らしい。

■<東海>パルプ株式会社創業者 大倉喜八郎(1837年~1928年)>
大倉財閥の設立者。大成建設、サッポロビール(株)、(株)帝国ホテルなどの企業を興した。 産業の振興に尽くす一方、大倉商業学校(現東京経済大学)や大倉集古館など育英・文化事業にも功績を残し、1915年には「男爵」の称号を授けられた。

<大倉喜八郎翁記念植樹>
1929年4月、男爵の一周忌法要に際し、ご子息である喜七郎氏によって3本のサワラが植樹された。  この植樹について記した氷柱は、1970年建立されたものである。材料には井川社有林に自生し、斧が折れるほど堅く耐久性に優れている「オノオレカンバ(ミネバリ」を使用した。

<大倉喜八郎翁赤石岳登頂記念碑(向かって左側)平成3年3月吉日>
1626年8月、男爵は88歳の高齢にして赤石岳登頂を成功させた。この碑は1991年、男爵西端150年と赤石岳登頂を記念して建てられたものである。  男爵は「鶴彦」の号を持つほど狂歌において非凡なる才能を発揮し、多くの歌を世に残した。碑の正面にも、男爵が赤石岳の山頂で詠んだ歌が刻まれている。

赤石岳登頂記念碑
「赤石の山のうてなに 万歳を唱ふる老も 有難の世や」
大正15年8月7日 赤石岳山頂を極む 九十翁大倉鶴彦
米寿を過ぎた大倉喜八郎翁、赤石岳の青山を求め、一行二百人を随えて、3120mの頂上を踏破す。ここに赤石登りのコース新たに開かれる。 

ツアースケジュール

(1)東京(10:00頃)・品川・新横浜<新幹線>静岡畑薙第一ダム椹島ロッヂ(1123m)【泊】〔--夕〕
(2)聖沢登山口(1140m)聖平小屋(2300m)【泊】〔朝-夕〕
(3)小聖岳(2662m)聖岳(3013m)往復上河内岳(2803m)茶臼小屋(2450m)【連泊】〔朝-夕〕
(4)茶臼岳(2604m)易老岳(2354m)光岳(2592m)往復茶臼小屋【泊】〔弁-夕〕
(5)横窪沢小屋畑薙大吊橋畑薙第一ダム赤石温泉(入浴付・昼食各自)静岡<新幹線>新横浜・品川・東京(18:00頃)〔朝--〕
歩行距離&時間:(2)約13km・約7時間 (3)約13km・約9時間 (4)約16km・約11時間 (5)約13km・約7時間
  • JR
  • JR以外の私鉄
  • 飛行機
  • バス・タクシー
  • フェリー・高速艇
  • 一等三角点
  • ゴンドラ・ロープウェイ・リフト
  • 徒歩・自由散策
  • ヘリコプター

お客様の声

お客様の声1

130718
4泊5日の長いトレッキングで最後まで歩けるか心配でしたが天候にも恵まれゆっくりペースで歩けたので楽しくトレッキングができました。 四街道市K様

お客様の声2

この二山の縦走は無理かと思っていましたが今年は決断して完走でき大変良かった。おかげさまです。 横浜市T様

お客様の声3

5日間というのに少し迷いましたが、どうしても光岳にゆきたかったので参加しました。思っていたより、素晴しい森の中を歩けたし、こんなところもあったのだと楽しくなりました。いろんな花にも出合いよかったです。 横浜市I様

関連登山ツアー

  • アイコンの見方
  • 登山セミナー