安全登山への手引き|登山ツアー・ハイキングツアー・トレッキングツアー・ネイチャーツアーのことならアルプスエンタープライズ

  • 03-3518-0034
  • 03-3518-0035

10:00~18:00(土曜14:00まで) 日曜・祝日休み

TOP > 登山ツアー参加の方へ > 安全登山への手引き

安全登山への手引き

安全登山への手引き

登山を愛好する皆様が、より安全に登山を楽しんでもらうために装備やマナーなどの注意事項をまとめました。
登山初心者の方もベテランの方も必ずご確認ください。

装備について

地図

「リーダーがいるし、買いに行く時間もないし、地図はなくてもいいや。」と言って、地図を持たずに山に行くことはやめましょう。山では、どのようなアクシデントに遭うかわかりません。いざという時のためにも必ず地図を持参しましょう。また、読図を習慣にすることで、道迷いを防ぐことができます。さらに地図が読めることで、山のイメージが膨らみ、登山がとても楽しくなります。

 

※なお、地図は著作権の関係上、お配りすることができませんので、各自ご用意ください。

 

 

雨具

お客様「今日は天気が良いので、雨具をバスに置いていっていいですか?」添乗員「ぜぇ~ったいにダメです!!」天気の良い日の登山ツアーでは、こんな会話をお客様とすることがよくあります。なぜ雨具を置いていってはいけないのか?それは、どんな小さな山でも天候の急変は予測できないからです。そして雨具一つで生命にかかわることが充分に考えられるからです。だからお願いです。ツアー登山に限らず、雨具は必ずザックに入れて山に登ってください。

 

 

レスキューシート

緊急時、身体に巻き付けて使用すると保温効果絶大です。1,000円以下のものもありますので、必ず携行しましょう。(シェルターにもなるツェルトの方がよい。両方持っていくのが望ましい)

 

 

アイゼン

「6本爪アイゼンをご持参下さい。」とお願いすることがよくあります。なぜかと言うと、登山道の状況はその年や時期によって変わり、昨年は必要なく登れていた山でも、今年は雪解けが遅くて必要な場合もあります。また、春先では低山でも雪が残っていることがあります。雪が無くても、道が凍っていることもあります。そんな危険を軽減してくれるのがアイゼンです。より安全に山を楽しむためにもアイゼンのご持参を必ずお願いします。

 

 

ヘッドランプ

「ヘッドランプはどんなに低山であっても持参するのが常識ですよね。でも、11月に行われた「開聞岳&霧島連山縦走」にて、こわ~い実例がありました。この時期は日暮れが早いため、初日の開聞岳下山時にヘッドランプが必要になる可能性が高かったので、リーダーのMさんはバス内で「ヘッドランプは持っていますよね。」と参加者の皆さんに確認しました。20名の参加者全員、異を唱える人もなく、申し出もなかったため、バスは登山口にそのまま向かい、登山を開始しました。そして全員、無事登頂。沈む太陽を見ながら急いで下山開始。間もなく暗くなり、ヘッドランプを装着することに。すると4名が持っていないことが判明しました。リーダーMさんとサブリーダーYさんは予備を持っていたので、2名に予備を貸し、残りの2人はサブリーダYさんが照らす明かりの直前を歩くようにしてなんとか下山。本当に怖い思いをしたと言っていました。

 

最近はとても軽くて明るいヘッドランプが売られています。使い勝手の良いヘッドランプを購入しましょう。また、いざという時に電池や電球が切れていては意味がありません。予備電池、予備電球もぜひ持参して下さい。山に行く前には、自宅で明かりが点くかを確認する習慣があるといいですね。

 

 

ヘルメット

頭部を保護する重要な道具です。ヘルメットが必要なコースに関しては、必須又は、推奨と表記がありますので、ご確認下さい。

 

 

連絡カード

頭緊急時に必要な情報、連絡先・アレルギー・血液型などを記入した「連絡カード」を持ち歩くようにしましょう。意識を失った時など、連絡カードがあれば迅速に医療機関に必要情報が伝わります。

 

※当社では無料で連絡カードをお配りしていますので、ご希望の方はお申し出下さい。

 

 

マナー・注意事項など

団体で歩く場合、鈴の使用はご遠慮下さい。

 

 

ストックとキャップ

団数百円でキャプが売られています。子供たちに綺麗な登山道を残すためにも使用をお願いします。自分ではやっていないつもりでも、「前の人のストックの先が顔の前にきて怖かった」という意見があります。またストックに全体重をかける歩き方は危険ですのでやめましょう。

 

 

睡眠薬系の薬品

高山では思った以上に翌日に残り、転倒などの原因になることがありますので、ご使用はご遠慮下さい。

 

 

アルコール

一日の登山が終了するまでは、飲酒は厳禁です。

 

 

登山靴

現地の自然、植物の保護のため、靴の履き替えをお願いしています。登山靴の使用は現地入りシてからにして下さい。

 

 

夏山装備リスト冬山装備リスト 

緊急時に役立つ道具もバスに置いていっては役に立ちません。
使わずに済むにこした事はありませんが、いざという時にあるとないとでは生死にかかわる道具です。
どんな小さな山でも登山中は携行しましょう。

» 登山ツアー参加の方へに戻る

アルプスのオススメツアー